当校に寄せられる質問集と答えです。お問い合わせの前にご覧ください。

Golders Green Collegeはどの教育団体に加盟していますか。

British CouncilとEnglish UKから認可を得ています。また、英語教師養成コースに関してはTrinity Collegeより認可を受けています。

British Council認定校の中でも格安校になりますが、英語教師養成コース開講ライセンスのある学校ですので、講師の質はおしなべて高いです。英語教師養成コースの指導教官資格を持った英語講師が何名もおり、一般英語コースの担当もしています。他校と比べても、講師の勤続年数が非常に長いのも特長の一つです。

授業料が他校と比べても大変安いのですが、どうしてですか。

当校は1941年より70年以上に渡り、北西ロンドンの住宅街Golders Green駅前にて英語レッスンを提供しています。地域にお住まいの外国人からの口コミで長く支えられている「町」の庶民派学校です。ですから広告費も殆どかけておらず、カフェテリアや図書室、自習室などの設備もありません。その代わり、無駄を省いて低料金という形で還元しております。

尚、当校は駅前商店街にあり、当校のビル1階には大きなスターバックスコーヒー、コスタコーヒーといった大手コーヒーショップがあり、コンビニ、銀行、郵便局、レストランもすぐそばにあります。さらに公立図書館も同じ商店街通りにあります。午後には複数の空き教室があり、自習等にご自由に使っていただけます。

無料レッスンがあると聞きましたが、どうして無料なのですか。

本校で開講している英語教師養成コースの教育実習生によるレッスンだからです。通常、Elementary、Intermediateレベルが開講されます。2時から4時まで4週間に渡って定期的に教育実習は行われますので、奮ってご参加ください。先着順ですので、クラス定員になった時点で教室には入れなくなります。朝のうちに受付に来て、参加チケットを受け取ってください。また、英語教師養成コースが定員に満たず開講されない場合、無料レッスンも開講されませんので、ご了承ください。

学校でインターネットを使用することはできますか。

はい、本校のコンピューター室にて無料で使用していただけます。毎週月曜~金曜の午後1時から5時まで開放しています。WiFiも当校第一ビル内や周辺でしたら、無料で使用可能です(パスワードは受付まで)

申込みの手順を教えてください。

入校の申し込み手続きは、以下の手順となります。

  1. 申込書と規定書にご記入、ご署名の上、パスポートコピーと共にご返送ください。(japanese@englishlanguagecollege.co.uk)
    書類を確認後、ご請求書をお送りいたします。
  2. ご入金
    (*ご入金の時点で申込みが成立します。)
  3. 入校+ホームステイを希望の場合はホストファミリーの手配を開始し、入学許可証(ビザレター)を発行・送付いたします。*ホームステイご希望の場合は、できるだけ渡英の2ヶ月前には申込み・お支払いをお願いいたします。4月~9月はホームステイ予約で大変混雑しますので、さらにお早めにお申込み・お支払いください。

入校後、自己負担で支払うものはありますか。

はい。該当レベルの教科書を購入していただく必要があります。市販のもので、通常22ポンドほどです。

長期間受講される方の場合、3ヶ月(学期)ごとに一冊購入していただくことになります。午前と午後クラス両方の受講の場合、それぞれ一冊ずつ購入いただきます。一般の書店、学校の受付にて購入可能です。その他にケンブリッジ英検やIETLSの受験料も自己負担になります。夏に企画される日帰り旅行の参加料金(バス代18ポンド程度)も自己負担となります。

支払い手順と方法について教えて下さい。

お申込書にご記入・規約書にご署名の上、パスポートコピーと共にご返送ください。追って、インボイス(ご請求書)をお送りいたします。カードでのお支払いの場合、3%のカード手数料が加算されます。海外送金でお支払いの場合、20ポンドの送金受取手数料が加算されます。どちらのお支払い方法をご希望かもお知らせください。

6ヶ月未満の短期留学希望です。ビザはどんな手続になりますか?

イギリスの空港到着の際、入国審査官にパスポートと共に当校が発行したビザレターを提示してください。

ビザレターの原本が間に合わない場合は、当校よりスキャンしたビザレターをEメールで送付します。ご自分でそれを印刷して入国審査官に提示して頂いても大丈夫です。ビザレターは原本である必要はありません。

学校発行のビザレターを見せることで、観光ビザではなく、6ヶ月有効の短期留学ビザ(StudentVisitor Visa)のスタンプがその場でもらえます。

この際、イギリスでの滞在先証明、コース終了後に日本に帰る航空券、クレジットカードやトラベラーズチェック、国際キャッシュカードも見られる場合がありますので、全て手荷物に入れておいたほうが良いです。仕事に関する書類等は一切持たないでください。怪しまれて入国拒否される場合があります。

*尚、この短期留学ビザ(StudentVisitor Visa)は数次ではなく単次のビザです。一度イギリスを出た時点で失効します。

英語教師養成コースをとりたいと思っていますが、受講に必要な英語力はどのくらいですか。

ケンブリッジ英検のCPE合格者(Grade B以上)もしくはIELTSで7.5から8.0以上のスコア保持者が対象となります。

まず、筆記試験を受け、その後、指導教官と面接していただきます(もしくは電話やスカイプでのインタビュー)。その結果によってコースを受講できるかどうかが決定されます。これまでのコース受講者にはイギリス人だけでなく様々な国出身の方がいます(日本人含む)。

開講しているクラスについて教えてください。

一般英語クラス、ケンブリッジ英検対策クラス(FCE, CAE/CPE)、IELTS、英語教師養成コースがあります。一般英語についてはBeginner、Elementary、Pre-Intermediate、Intermediate、Upper-Intermediate、Advancedのレベルが常時開講されています。

カルチャーレッスンの日程はありますか?また、資格の取得はできますか?

カルチャーレッスンの開始日は特に決まっていません。まずイギリス滞在期間をお知らせいただき、その中で担当講師の都合のつく日に開講という形になります。資格が取得できるコースではありませんが、イギリスならではの文化を楽しんで頂けます。

どのようにクラス分けをしますか。

コース初日に30分間プレイスメントテストと数分間のスピーキングテストをしていただきます。

午前中(9時半~12時45分)の英語コースをご希望の方は、午前9時から9時半までテストを受けていただきます。

午後コース(1時45分~5時)をご希望の方は1時15分にはお越しいただくことになります。テストの点数の結果、該当レベルの教室に入ります。実際にクラスに参加した後、教師の判断によっては前後のレベルにも移れますので、授業の休憩時間中に担任教師にご相談ください。

私の今の英語力はPre-Intermediateレベルですが、IELTSやケンブリッジ英検対策クラス(FCE)に入ることはできますか。

試験対策クラスに入るには、Upper-Intermediate修了レベル以上であることが原則となります。ですので、まず一般英語クラスで基礎力をつける必要があります。

一般英語クラスからIELTSやケンブリッジ英検対策クラスに上がる際、別料金もしくは差額の授業料が必要ですか?

差額等は一切必要ありません。

一般的にどの学校も試験対策クラスの授業料は一般英語クラスよりも高く設定されておりますが、当校では一般英語も試験対策クラスも同料金ですので、他校と比べてもさらにお得です。

どういったタイミングで一つ上のレベルに上がれるのでしょうか。

当校の英語コースは3ヶ月ごとに学期が変わります。学期の最終週の火曜日に各クラス一斉で期末テストを行ないます。その結果と普段の授業態度(スピーキング力、宿題等)、出席率により、次学期から一つ上のレベルに上がれるかどうかが決まります。進級に関しては随時、担任教師に相談していただけます。

これまで受講していた午前コースから午後コースへ移りたいのですが、可能ですか。

はい、午前の英語コースから午後の英語コースへの切り替えは無料でできます。もちろん、午後から午前への切り替えも可能です。事前にお申し出いただければ空席次第ですが、移っていただけますので、ご安心ください。但し、Beginner、Elementaryクラスと各種試験対策クラスは午後にはありませんので、ご了承ください。

初めに申し込んだコースに追加で別のコースを申し込んだ場合、どうなりますか?

例えば、2週間だけ延長したいという場合、初めに申し込まれたコースと追加で申し込まれた分の差額をお支払いいただくだけで大丈夫です。

出席率に決まりはありますか?

出席率は80%以上を維持していただく必要があります。遅刻や欠席が多い場合、学校より警告を出し、それでも改善されない場合は除籍処分となります。

無料体験レッスンについて教えて下さい。

既にイギリスに滞在されている方には無料体験レッスンを受けていただけます。午前クラスの体験レッスンをご希望の場合、月曜~金曜のいずれかの午前9時に受付にお越しください。

特に予約は不要です。「Placement TestとTrial lessonを受けたい」と受付スタッフにお申し出ください。午後クラスの体験レッスンをご希望の場合、13時10分ごろにお越しください。30分間の筆 記テストと数分間のスピーキングテストの後、該当レベルのクラスに入って3時間勉強していただけます。尚、午前クラスは初級から上級まで揃っていますが、 午後クラスの場合、初中級、中級、中上級の3レベルとなります。

フラットシェアの物件を紹介してほしいのですが。

本校ではホームステイの手配は行なっていますが、一般の賃貸物件の紹介は取り扱っておりません。学生用の不動産屋は紹介しています。但し、ホームステイといっても、自炊の下宿タイプから、朝食付のホームステイ、そして朝食・夕食付のホームステイまでお好きなタイプをお選びいただけます。

ホームステイのSelf-catering、Bed & Breakfast、Half Boardについて詳しく説明して頂けますか?

ホームステイとは一般家庭の一寝室を間借りするもので、あとは滞在タイプ次第となります。それぞれのタイプは下記にご説明致します。

Self-cateringは自炊式です。ホストファミリーはご飯を一切提供しませんので、自分でスーパーで買ったりします。

台所はホストファミリーや他のホームステイ中の学生と共同で使うことになります。ですので、あまり時間のかかる料理をすることはできませんが、簡単な自炊は可能です。

Bed & Breakfastは朝食付です。自分で台所の指定の場所からシリアルやトーストをとります。通常、ホストファミリーはシリアルやトースト、ヨーグルトもしくはフルーツ、コーヒーや紅茶を用意しているので、自分で適当にとって食べるという形です。

Half Boardは朝食・夕食付です。上記の朝食+ホストファミリーが作った夕食となります。夕食は決まった時間にホストファミリーたちと一緒に食べます。ホストファミリーが晩に予定がある時などはお一人で食べることもありますが、基本的には一緒です。

ホームステイ先を契約期間途中で替えることはできますか。

状況や理由にもよりますが、可能です。ホームステイ先で問題がありましたら、随時学校に申し出てください。尚、どのホストファミリーも当校のスタッフの家庭訪問を受けており、一定基準を満たしている家庭とのみ、ホストファミリー契約を結んでいます。

滞在中に、ヨーロッパの外国等へ旅行に行けますか?

6ヶ月未満のStudent Visitor Visaの場合、イギリス到着時に空港で取得可能ですが、これは数次ではなく単次のビザです。ですので、一度イギリスを出ると失効します。

イギリスを出入りする度に、入国審査官は新規でビザ審査をその場ですることになります。

何度もイギリスを出入りしていると、勉強を目的としてイギリスに来たわけではないと疑われたりして、再入国を拒否される場合もあります。これはもう入国審査官の判断次第であり、私共もどうすることもできません。海外旅行に出る際には、当校からの在籍証明書を持っていったほうが良いでしょう(イギリスに再度入国する理由とその証拠になるため)。

この際、一番初めにイギリスに入国した際と同様、帰りの航空券なども持っていたほうが良いです。参考までに、これまでに同じビザで海外旅行をして再入国を拒否された当校の日本人学生のケースは1%未満です。

ロンドンのヒースロー空港からGolders Green Collegeへの行き方を教えてください。

特急電車Heathrow Expressを利用の場合:
Heathrow空港駅からHeathrow Expressに乗り、Paddington駅下車(約16分)。ここで、地下鉄Circle線かHammersmith & City線に乗り、Kingscross & St Pancras駅にてNorthern線Edgware行きに乗り換えて、Golders Green駅下車。当校は駅から徒歩2分の駅前商店街にあるスターバックス とCOSTAコーヒーの間にあります。所要時間は約1時間。

地下鉄だけで行く場合:
Heathrow空港駅からPiccadilly線に乗り、Kings Cross & St Pancras駅にてNorthern線のEdgware行きに乗り換える。所要時間は約1時間12分。 一番安く乗り換えが少ない移動手段。Leicester Square駅でもNorthern線に乗り換え可能だがホーム移動に時間がかかり階段のため、Kingscross & St Pancras駅での乗り換えのほうが便利です。

タクシーで行く場合:
道路が混んでいなければ、大体40分ほどでGolders Greenに到着します。